ストレス解消ワークの個人セッション

グラスの中に浮かぶハーブ

ストレス解消ワークの個人セッションは、高い知識と経験をもつ、
スリーインワン・コンセプツ社の資格取得者が個人と個人で行います。
バイオフィードバック(筋肉の反応を読み取る技法)を使い、あなたのストレスをそっと解消していきます。
さらに、あなたの目指すところへたどり着けるように、また、あなたの求めるあなたに近づけるようにお手伝いをします。
どなたでも年齢、性別に関係なく、安心して受講できます。
一つの問題について二時間程度を使って深く掘り下げて原因と結果をもう一度見直す作業です。

まずはお気軽にお問合せください。お問い合わせ

ストレス解消ワークは、
こんなストレスをお持ちの方におすすめです。

居眠りする女性
  • 対人のストレス
  • 学習のストレス
  • 体の不調やアレルギー等に対するストレス
  • 自分のクセに対するストレス
  • 過去のトラウマのストレス
  • ご家庭のストレス
  • いまの自分から変わりたい!というストレス

ひとに合うと緊張して自分らしくできない、なにをやってもうまくいかない、過去の人生で辛いことがあった、禁煙できない、断酒できない、甘いものがやめられない、自信がない、強迫観念、学校のクラスメートとうまくやれない、上司のパワハラ、セクハラ、いじめ、夫婦関係、親子関係、集中力が長続きしない、イライラ、更年期の不調、痛み、倦怠感

セッションは、これらの悩みからくるストレスの軽減をおこないます。
スリーインワン®コンセプトのシステムの詳しい説明はこちら→

※病気の治療をおこなうわけではありません。

セッション例のご紹介。

セッション例①

ビジネスマン

右足に魚のめが出来る人が居ました。
筋肉回路と言う修正法があります。
身体から情報をもらい、その修正をしている時に、クライアントが突然、「ああ思い出した。仕事で梯子を降りとう時に地面に足が着いたぁ。思うて梯子から足をおろしたんや、うまいこと足が着いてへんかって左足に思いっきり負担が掛かったんや。
そん時に、体のバランスがくるったんやな。その時、脅迫的に仕事をさせられるんはイヤやなあ。つまらんなあ。と考えたんや。」と教えてくれました。

  • 彼が選んだことは、つまらないな。と考え出した時に立ち止まる。
  • 靴の外側がちびすぎになる前に靴を買い換える

その後、色々な楽しい変化が起こってきています。

セッション例②

シニア男性

私の父は83歳です。78 歳位の時に自転車に乗っていて転びました。
まるで吸い寄せられるように歩道の方へいってしまって転んだと言うのです。
3回くらいそんな経験をしてどこで打ったということもないのに、体が痛くて回復がとても遅いのでセッションをしました。

1番初めに転んだ時に年齢遡行をしました。
ある自転車屋さんの前まで来た時に中からおじいさんがでてこられたそうです。
その人の顔を見た瞬間に転んだと言いました。
「その人の顔に見覚えがない」と尋ねました。
「そういえば、親父の顔ににてたなあ」と言うのです。

その後、情報を集めて彼が気が付いたのは「父親の前に出ると体が動きにくくなって失敗する。」ということでした。
祖父が亡くなってから30年以上も経っています。それでも祖父は生き生きと父の中で生きて影響をあたえているのです。

原因は、スリー・イン・ワン・コンセプツ®では「6歳3ヶ月以下にある。」と考えています。
もうすっかり出来事は忘れてしまっているのですが細胞は憶えています。
エネルギーの流れを、スムーズにし、その独り言を終わらせました。

空

彼が新しく選んだ事は、自転車に乗るのをやめる事。
移動には、公の乗り物を使う事。(姫路市では市内を走る公の乗り物は七十五歳以上は無料です。)
今は美術館へ行ったり、図書館へ出かけたり、勿論カラオケにも行きます。
自分ひとりで楽しむ事が出来て、「人生で今が一番幸せや」と言っています。

そのときに、もうひとつ教えてくれた事があります。
祖父は「お前は金儲けが出来ないのだから金を使わんでもいい方法を考えよ。」と言ってたそうです。
祖父の話をすると、すごく恨んでいて父じゃないように見えました。
とても気が高ぶっていたのですが「その言葉のお陰で、今お金を使わなくても楽しむ事を見つけるのが上手になってるなあ。」と言っていました。

そのセッションの後、私にお金の流れが良くなったのです。DNAでつながっているからだと思います。

ストレス解消はあなたの考え方を変え、
人生を豊かにしてくれます。

白いばらのリース

私たちの、自分に対する最大の仕返しは、何か、ご存知ですか。
それは少しの変化を見落として自分の変化に気づかない事です。

我が愛するダニエルがテキストに書いてくれています。
「プリンの味は食べた人にだけわかるんだ!!!」

セッション風景
  • 所要時間 …… 2時間程度
  • 料  金 …… 10,000円

着衣普段着でお越しください。
椅子にお座りいただいてセッションいたします。立っていただくこともあります。

※個人セッションは全て予約制です。
お電話・ファックス・メールで、前もってお問い合わせ下さい。

*スリー・イン・ワンのコンサルタントには個人情報の守秘義務があります。セッションの内容が他人に漏れることはありません。

スリー・イン・ワンのコンサルタントに義務づけられている規定

  1. 2年に1度のアップデートを受ける事。(アップデートとはスリー・イン・ワンの技術・最新の知識を得る為の14時間の講習)
  2. 38時間の3日間以上のクラスを受けるか、再受講する。

これらの事はクライアントを尊重し、その人生に共感と敬愛の念を深める為に必要とされています。

個人セッションのお申込み、お問い合わせ

この項目は必須です、入力しないと送信できません。
メールの送信で少なからず個人情報を頂きます、ビー・カミングの個人情報保護方針はこちらです。

お名前
メールアドレス
電話番号
セッションご希望の方
希望日を2つ入力して下さい。
ご希望日1
ご希望日2
お問い合わせ内容など
右の文字を入力して下さい。
迷惑メール対策です。
captcha
木漏れ日

石本イチヨの体験記

コンサルタント演習という個人のスキルアップを目指すクラスにて

私(石本イチヨ)のテーマは「変化を受け入れること」でした。

私がそのクラスで個人セッションを受けた時の解放から得た気づきを書きます。

私には生まれて8日で亡くなった弟がいました。
その当時、私は14歳でした。私の目から見て母と、父方の祖母は仲が悪く見えていました。
弟の誕生によって改善されると思っていました。実際に祖母の助けを得て母は自宅出産をしました。
でも、弟の死によって希望が無くなりました。
私の独り言は「良いことのあと、必ず悪いことが起こる」でした。それを事実にしていました。
この出来事はスリー・イン・ワン・コンセプツ®のクラスや個人セッションで何度か取り扱ったものでした。
なので、もう整理がついていると思っていました。

私は弟の死を潜在意識では、まだ全く受け入れていませんでした。
その事にすごく驚きました。
意識の上ではもう終わったことのはずでした。
その事実をしっかり受け止めることで、変化を受け入れることにができ、意欲を持って前に進むことができることを知りました。

弟の死を受け入れないことが、変化を受け入れる妨げになり、変化に対して臆病になってしまうので「ものごとがうまくいくと思えない」という、心の中の秘密を作っていました。

私が変えた独り言は「何か出来ることがあるかを考える」でした。
このことを毎日やってみると、毎日自分が生まれ変わっているように思えて、とても新鮮な気持ちになっています。

このページの先頭へ